食べ物

じゃがアリコのおすすめ組み合わせは?さけるチーズがおすすめ?美味しい?まずい?作り方、由来、材料費は?

目安時間 8分
  • コピーしました

※本ページはプロモーションが含まれています。

 

「じゃがアリコ」というものを知っていますか?美味しくて簡単で、しかもくせになるおやつ兼おつまみとしてツイッターでもバズッていたので、知っている人も多いかもしれませんね。材料も簡単に用意できるものばかりなので、「これなに?」と思ったら作ってみるのも良いでしょう。じゃがアリコは容器はお菓子の容器をそのまま使えますし、自分好みのものへ簡単にアレンジできるのも人気の理由です。お酒を飲む人にとっては「この塩っぽさがお酒をさらに美味しくする!」と評判みたいです。「そんなに美味しいのなら作ってみたいな」と思った方、上手に作れなくて「もういいや!」と思っている方でも簡単に作れるレシピも紹介しています。ここでは、「じゃがアリコ」の由来や材料費なども紹介しており、「じゃがアリコ」に興味がある方には読んで欲しい内容となっているのでぜひ読んでくださいね。
記事の本文はこの下にあります。
目次からご興味のある項目をタップして、そこからご覧いただくこともできます!

 

じゃがアリコのおすすめ組み合わせは?

今話題の『じゃがアリコ』ですが、「なぜかうまく作れない」「組み合わせ方を失敗した」なんて声もあるようです。じゃがアリコを作るときにぴったり、おすすめの組み合わせ方を紹介しましょう!たとえば、じゃばバター味のじゃがりこはチーズとの相性が抜群に良いので失敗がありません。バターの風味とコクが、チーズと合わさってワインにもぴったりのおつまみになります。ほかには、チーズ味のじゃがりこも「じゃがアリコを作るときにはぴったり!」と評判です。チーズにチーズを組み合わせるという、なんとも贅沢な味を楽しむことができます。チーズのコクが増し増しなので、旨みを感じたい人にもおすすめですよ。そして一番おすすめしたい組み合わせは、「たらこバター」のじゃがりこだといいます。たらこもチーズも、甘じょっぱいのでお酒のおつまみにはピッタリだという口コミが多いようです。チーズはカットされたものもいいですが、さけるチーズがおすすめという声がたくさんありました。とろけるチーズと合わせてもいいとの声もあったので、じゃがアリコを作るなら「さけるチーズかとろけるチーズ」と覚えておくと良いでしょう。

 

じゃがアリコ、美味しい?まずい?

「じゃがりこはポリポリ食べるのが美味しいんだ!」という人もいますよね?では、実際にじゃがアリコを作って食べてみた人たちの感想はどんな感じなのかを紹介します。口コミなどを調べてみると「美味しい!」「自分でじゃがりこの硬さを調節したら美味しかった」との声が多かったです。チーズとじゃがいもの相性が悪いわけがないので、やはり「美味しいからまた作りたい」などの感想がよく見かけられました。ただ、やはり「じゃがアリコは美味しいけどちょっと味が濃い」、「じゃがりこのポリポリ感が食べたくなって作る前にすべて平らげた」など人によっては「じゃがりこの硬さ」を求めてしまう人もいるようですね。味が濃いと感じたのは組み合わせ方を換えるか、チーズの量を調節すればなんとかなりそうです。じゃがアリコ、お酒を飲む人のおつまみとして簡単に作れるので「美味しい」という声が多いとわかりました。

 

じゃがアリコ、作り方は?

じゃがアリコの作り方は本当に簡単で、用意するのはじゃがりこ(好みの味)と好みのチーズ、そして150ccのぬるま湯だけです。まず、じゃがアリゴの蓋を開けて(蓋はすべて外さない)、その上にチーズを細かく裂いて乗せましょう。ここに塩をひとつまみ入れ、熱湯を150cc(大きめのカップ一杯程度)を少しずつ加えて軽く混ぜ合わせます。蓋をしたらだいたい3分ほど待ち、全体をよくかき混ぜて出来上がりです。「料理なんてしたことない!」という人でも簡単にできる作り方なので、じゃがアリコを食べてみたい人はぜひ挑戦してください。簡単で美味しくて、くせになる味はワインとの相性も抜群ですよ。おやつとして食べるのもいいですし、塩は好みで調節をしてしょっぱいと感じたら入れるのをやめても大丈夫だそうです。レシピはだいたいどんなものでも同じなので、「簡単おつまみ」を作りたい人にもおすすめできます。

 

じゃがアリコ、由来は?

じゃがアリコは、料理研究家としてyoutubeで活躍している『リュウジ』さんが考案したものだそうです。フランスの郷土料理である「アリコ」を、じゃがりことチーズ、お湯、塩だけで作るレシピを考えて発信したところ、「簡単なのに美味しい!」と一気に流行し始めたのです。なんと、驚くことにあまりの人気にじゃがりこを作っている『カルビー』の公式Twitterも「じゃがアリゴ」を作ってツイートしたといいます。じゃがアリコが流行りはじめて、作った人が簡単アレンジをしているツイッターなどもあるようです。なので、じゃがアリコが気になり人はそういった人のレシピなども参考にしてみるのも楽しいかもしれませんね。美味しくて簡単、しかもアレンジ方法も考えられるなんてすごい!じゃがりこのポリポリ感を残すのなら、少しお湯を少なめにするのも良いそうですよ。

 

じゃがアリコ、材料費はいくら?

じゃがりこはスーパーなどで安価で購入できるので、だいたい200円前後と考えられるでしょう。チーズは種類や量にもよりますが、だいたいスーパーで200円から400円前後と考えたとします。お湯は水道水を沸かせばいいのでカウントせず、塩は家に常備している人が多いのでこれもカウントしません。これで計算すると、チーズの量はそのメーカーなどによって異なるのではっきりとはいえませんが、だいたいじゃがりことチーズで、300円ちょっとでフランスの郷土料理が作れるということになります。しかも作り方も簡単で時間をかける必要もなく、食べたくなったらすぐ作れるという気軽なおつまみとしても優秀です。これを考案したリュウジさん、素晴らしいですね!じゃがりこはいろいろな味があるので、期間限定のものとチーズを合わせてみたり、自分の一押しじゃがりこにチーズをいろいろと変えて作ってみるのも良いでしょう。

 

まとめ

じゃがアリコは、フランスの郷土料理を簡単に作れると一気に人気がでました。美味しい、簡単、後片付けも楽なおつまみやおやつなんて、最高ですよね。しかもお酒にも合うので、大人にもぴったりの料理です。もちろんお酒を飲まない方やお子さまにもおすすめの料理なので、お子さまと一緒に作ってみるのも良いかもしれませんね。じゃがりことチーズ、お湯、塩というどこででも用意できるものしか必要がないので、おやつを自分で作ってみるというイベントにするのもおすすめです。お子さまが「自分で作れた」と思えるので、さらに美味しくおやつを食べてもらうことができますよね。じゃがりこはサイズが小さいものと通常のものがあるので、お子さまと一緒に作る場合は小さめを買ってチーズや塩の量も調節することをお忘れなく!気軽に簡単料理、ぜひ挑戦してみてください。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本ページはプロモーションを含みます。

  • コピーしました

   食べ物   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

最近のコメント

表示できるコメントはありません。
Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
error: Content is protected !!