生き物

ペット用洗濯機のすべてがわかる!小型洗濯機で洗うコツとおすすめ商品・洗剤を徹底紹介

目安時間 10分
  • コピーしました

※本ページはプロモーションが含まれています。

ペットを飼っていると、いつの間にかペットが愛用している毛布や衣服などが汚れていることがありますよね。

そんなときは洗ってきれいな状態にしてあげたいけれど、自宅の洗濯機で洗うことができないし困った、なんてこともあるようです。

そんなときに便利なのが、「ペット用にも安心して使える洗濯機」の存在です。

ペット用以外にも靴用、汚れた作業着用などさまざまな利用目的で小型洗濯機を使っている人がたくさんいます。

ペット用の毛布や衣服などをきれいに保つためにも、専用の洗濯機がほしい!そんな方にもおすすめの小型洗濯機をこの記事では紹介しているので、ぜひ読んでくださいね。

「コインランドリーじゃ洗えないの?」と思っている方の疑問にも、できるだけわかりやすく説明しているのでそちらも確認することができます。大切なペットのものを洗いたい飼い主の方、小型洗濯機のことを知っていますか?

本文はこの下にあります。

目次からご興味のある項目をタップし、そこからご覧いただくこともできます!

 

ペット用洗濯機のおすすめ商品3選をお伝えしていきます!

 

ペット用洗濯機にはいろいろなものがありますが、いくつか紹介します。

『シービージャパン/バケツウォッシャー TOM-12』は、洗うことのみに特化した超小型洗濯機です。

本体サイズは、約幅36×奥行33×高さ53cmしかないので、場所を取らずにペット用の洗濯物をきれいにすることができます。重さは4.5kgという軽さなので、どこにでも移動させやすいのもポイントです。

吸水機能や排水機能が付いておらず、1mの電源コードがついているのでさまざまな場所で使えます。2つ目は『ドウシシャ/折りたためる洗濯機 WMW-021』は、その名の通り折りたたむことが可能で、小さなスペースに収納できる小型洗濯機です。

標準モードとデリケートモードの2パターンを搭載しており、水と液体洗剤を入れたらスイッチを押すだけで洗濯可能な操作性の高さも魅力!

3つ目は、『シービージャパン/マイセンカンドランドリー TOM-05』です。本体のサイズは、約幅55×奥行36×高さ57cmというコンパクトさがポイントの2槽式小型洗濯機。2槽式ゆえに手間がかかりはしますが、その分の洗浄力が高いのも魅力です。

 

ペット用洗濯機でカビやダニを予防!小型洗濯機で洗うときのポイントと使い方

 

ペット用におすすめの洗濯機は、カビやダニを予防するために洗濯する際にも使うことができます。

小型洗濯機で洗うときには、『いっぱいに詰め込まないこと』「ひどい汚れは先に部分用洗剤を使っておく』など、一般的な洗濯機と同じポイントだと考えられます。

毛玉がつきそうな生地のものはネットにいれておく、カビやダニが発生していた場合は先に洗った上で小型洗濯機に入れましょう。

ぎゅうぎゅうに詰めて回すと、生地が傷むだけではなくカビやダニを取り除くことができずに隠れてしまう可能性もあります。カビ・ダニの発生を予防するためには、小型洗濯機の容量を確認してそのサイズにあった分だけを洗うことが大切です。

また、水はけの良い場所へ移動させることで洗濯機の不具合や故障などを避けることができるでしょう。一般的なサイズの洗濯機と同じ使い方でも、十分きれいになると考えて良いみたいですね。

 

ペット用洗濯機の効果と種類!口コミ・評判は?

 

ペット用洗濯機の効果や種類には、どんなものがあるのでしょうか。

たとえば、小型洗濯機の効果は、容量が小さくても持ち運びやすく、コンパクトに収納することができます。

なので、置き場所がないのでポータブル洗濯機などを使いたい、というときにはとても便利です。

ペットの服や靴、マスクなどを洗うときに「専用」として使うことができるので、自分の環境や目的に合わせて小型洗濯機を選ぶことができるそうです。

ペット用洗濯機の種類には、主に2つにわけられます。ひとつは電動、もうひとつは手動タイプです。

また、タイプは電動で2槽式と1槽式やバケツ式、手動だと折りたたみやセットして準備するなどがあります。

タイプと種類は、口コミや評判をチェックしてみると「バケツ式は使わないときに仕舞っておけるのがいい」といった声や、「電動タイプは一般的な洗濯機と同じ使い方で十分きれいになる!」などの声があったので、気になる小型洗濯機の口コミなどを調べてみてくださいね。

 

 

小型洗濯機で洗うときの洗剤の選び方・おすすめの洗剤!

 

小型洗濯機は、通常の洗濯機とあまり機能は変わりません。

ですが、少し気になるところに『洗濯時間が短い』といったポイントです。

そのため、短時間で汚れなどを落とすために洗浄力が高い洗剤を使うことをおすすめします。「どんな洗剤が良いのかおすすめは?」という方に、おすすめの洗濯洗剤を紹介しましょう。

まずは、『ライオン トップ スーパーNANOX』です。

一般的な洗濯用液体洗剤は成分の約7割が水だといわれていますが、このスーパーNANOXは約7割が洗濯成分という高濃度処方の洗剤だといいます。

蛍光剤が配合されていないので、赤ちゃんの服、ペット用の服、色柄物も洗えるということです。『P&G アリエール ダニよけプラス 液体洗剤』もおすすめです。

ダニ避け成分といわれるジャスミンの成分が含まれており、衣類にダニが近寄りにくくなる効果を期待できるといいます。

このほかにも、小型洗濯機を使うときにおすすめの洗濯洗剤はあるので、「いくつか知っておきたい」という方はぜひ探してみましょう!

 

ペット用洗濯機があるコインランドリーがあるって本当?

 

ペットの衣類などを自宅の洗濯機で洗うのは抵抗がある、ならコインランドリーで洗ったらいいのでは?と考える人もいますよね。

実は保健所の指導でコインランドリーではペット用の衣類などを洗ってはいけないと決まっていることを知っていますか。

なので、基本的にコインランドリーでペット用品を洗濯することはできないと考えましょう。

ペット専用洗濯機があるコインランドリーもあるので、そこを探してみるのも良いかもしれません。

たとえば、東京都昭島市田中町にある『ワンダフロUSA24』ではペットの衣類や毛布など普段から愛用しているものを洗うことができます。

きちんと使い方を確認した後、洗濯と乾燥の両方を使ってきれいにすることが可能です。

こちらのコインランドリーは愛犬などペットをお風呂にセルフでいれることができる施設になっており、そこでペットをきれいにしている間に洗濯することができるそうです。

このように、ペット用洗濯機があるコインランドリーも探すとみつけることができるので、ぜひ調べてみてくださいね。

 

まとめ

ここまで、ペット用洗濯機について小型洗濯機からコインランドリーまで紹介してきました。

自宅でいつでも洗いたい人は小型洗濯機なら自分のタイミングで使うことができますし、場所も取らずにきれいにすることができるのが便利でいいですよね。

ペット用洗濯機があるコインランドリーは、地方などではなかなかみつけることができないので自宅で洗える方が便利かもしれません。

もしコインランドリーを使ってペット用のものを洗うときは、店内に「ペット用品洗濯・乾燥禁止」と注意事項に書いてあるかを確認してから利用しましょう。

コインランドリーを使うお客さんのなかには、動物アレルギーを持つ人もいる可能性もあります。

ほかの利用者の邪魔になったり、トラブルの原因になるので勝手な判断でコインランドリーでペット用品を洗ってはいけません。

ペットのためにも、「動物のせいで困った」など苦情が起きないように気を付けましょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本ページはプロモーションを含みます。

  • コピーしました

   生き物   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

最近のコメント

表示できるコメントはありません。
Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
error: Content is protected !!