生活

ポスカって100均(セリア、ダイソー、キャン★ドゥ)に売ってる?似たペンある?ポスカでプラバンを作ろう!ポスカは、写真に書くことができる!?ポスカの種類は?ポスカの太さは?絵を描くとき、字を書くときにいいのは?

目安時間 8分
  • コピーしました

※本ページはプロモーションが含まれています。

ポスカは水性のインクペンで、ポスターなどに書くときに小学校でもよく使いますよね。子供から大人まで、一度は使ったことがあるという人が多いアイテムです。そんなポスカを使って、写真に落書きしたりプラバンを作ったりすることがあります。いろいろな使い方をすることができるので、「こんな使い方があったの?」と驚くような方法でアイテムを作っている人もいます。こういったポスカの使い方をしている人以外にも、「どんな種類があるの?」というポスカの使い方に興味を持った人へ、「ポスカってどんなものか」をお伝えしましょう。ポスカは意外に種類が多く、写真のデコレーションや落書き、文字を入れるためのものがあります。シンプルな写真もポスカでちょっと文字を入れるだけで、おしゃれ写真に大変身です!「自分でやってみたい!」という人、ぜひポスカのことを知ってください。

記事の本文はこの下にあります。

目次からご興味のある項目をタップして、そこからご覧いただくこともできます!

 

ポスカって100均(セリア、ダイソー、キャン★ドゥ)に売ってる?似たペンある?

ポスカが100均で買えたら便利ですよね!100均にポスカは売っていませんが、似たペンは見つけることができました。セリアには、「プロッキー」というポスカに似たペンがあります。太い・細いの2種類を使えるタイプで、三菱のポスカはやはり文具店などで購入する方が良いでしょう。ほかにも「ペイントマーカー」という油性のペンや細めのマッキーペンもあるようです。ダイソーににもポスカは売っていませんが、「ポスティラ」というポスカに似たペンは販売されています。見た目もポスカによく似ていますが、まったくの別物です。また、ポスティラは布用染料ペンとしての扱いになるので、ポスカとは異なる種類だと考えられます。キャン★ドゥには「水星ポスターマーカー」というペンが販売されているみたいです。ポスカとはやはり異なるようで、発色や持ち、にじみなどを比較してもポスカとは異なります。

 

ポスカでプラバンを作ろう!

100均にあるプラバンとポスカを使って、自分好みのアイテムを作ることができます。ポスカでプラバンに描くときは、プラバンの裏側も使えば奥行があるものを製作することが可能です。ポスカを塗る前にプラバンをやすりなどで軽くこすっておくと水性ペンであるポスカのようなペンでイラスト、文字などを書くときにはやすりでプラバンの表面を軽く傷つけておくのが一般的でした。最近は「フロストタイプのプラバン」もあるので、そちらを使うときはやすりは必要ありません。ただ、フロストタイプのプラバンは色を塗っていない部分が焼きあがると白くなるのでそこは理解しておきましょう。なので、プラバンの焼き上がりに色のない部分を透明にしておきたい時は、一般的なものを選ぶことをおすすめします。イラストや文字をプラバンに書くときは、型紙を使ってポスカでなぞると書きやすくなります。フロストタイプと一般的なプラバンでは、焼き上がりに多少の違いがあるので、そこを理解した上でポスカでプラバンを作りましょう。

 

ポスカは、写真に書くことができる!?

ポスカは、写真に文字やイラストなどの落書きをすることができます!写真に太い線で落書きをするときは、ポスカがおすすめです。インクが出る量が多いので、はっきりとした文字やイラストを加えることが可能です。また、ポスカには細いペンなどもあるのでそれを使えば、さらに細かい落書きを写真に加えることができます。写真にデコレーションをしたいときは、シールやマスキングテープなどを一緒に貼って、さらに華やかで素敵なアルバムにすることもできるということです。ごく普通の何気ない写真もポスカやシール、マスキングテープなどを使えば可愛くもカッコよくもできるので、興味がある人は一度自分のアルバムなどで挑戦してみると楽しくなってくるかもしれませんね。家族写真はお子さまと一緒にポスカやシールで飾ると、世界にひとつだけのアルバムを作ることができますよ。

 

ポスカの種類は?

ポスカにはいろいろな種類があって、極太角芯・太字角芯・中字丸芯・細字丸芯・極細の5種類の芯があります。また、カラーは極太角芯は8色、太字角芯は15色、中字丸芯は29色、細字丸芯は24色、極細は21色です。このほかにもポスカラメ入りが細字で7色、極細で7色があるようです。ブラックボードポスカという「ブラックボード専用」のポスカは、極太角芯のカラーが7色、太字角芯が8色、中字丸芯が8色あるといいます。ドゥ・ポスカは極細スタンダードが10色、パステルカラーが6色、シャイニーカラーが8色となっているそうです。現在あるだけのポスカの種類以外も含めると本当にたくさんのものがありますよね。中高生向けに作成されたラメ入りのポスカは「写真を可愛くしたい!」「おしゃれにしたい!」という学生たちに人気があるみたいです。アルバムやチェキなどの写真に、ポスカでデコレーションをするとき用にいくつか揃えている子もいる、という口コミもありました。

 

ポスカの太さは?絵を描くとき、字で書くときにいいのは?

ポスカにはいくつかの種類がありますが、それぞれに太いものから細いものまで揃っています。たとえば、「ポスカ」の極太は15.0ミリという太さ、太字は8.0ミリ、中字は1.8ミリから2.5ミリ、細字は0.9ミリから1.3ミリ、極細は0.7ミリです。また、「ポスカ・ラメ入り」は細字が1.0ミリ、極細は0.7ミリ、そして「ドゥ・ポスカ」は0.7ミリとなっています。絵を描くときなら、中字くらいから細字くらいが良いかもしれませんね。字を書くときは太字でインパクトを出すのも良いですし、極太で文字を書いてその周辺を細字などで重ね塗りをしたり、いろいろと工夫をすることができます。イラストの雰囲気別にポスカの太さを変えたり、ポスカをお水で溶かしてムラをなくすなどさまざまな方法があるみたいです。イメージをまずは考えて、「どんな風に見せたいのか」に合わせましょう。

 

まとめ

 

ポスカとシール、マスキングテープなどを使う「おしゃれ写真」の作り方は、ネットで検索をするといろいろなものを見つけることができます。ポスカは学校などで使ったことはあるけど…という方、最近はラメ入りや極細、そしてパステルやシャイニーなど種類が本当にたくさんあって使ってみると楽しいですよ!写真をモノクロで撮影して、そこにホワイトでデコレーションをしたり、子供たちの写真にパステルなポスカで文字やイラストを加えたり、アナログならではの楽しみ方があります。何よりも「自分で考えて素敵なアルバムを作ることができる方法」として、年齢に関係なくポスカを使ったおしゃれな写真やチェキ、アイテムなどを作成している人がいることがそれを証明していますよね。「ポスカでアイテムを作ってみたい!」という人にも、ポスカを使ったカワイイグッズなどの作り方もネットには掲載されているのでおすすめです!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本ページはプロモーションを含みます。

  • コピーしました

   生活   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

最近のコメント

表示できるコメントはありません。
Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
error: Content is protected !!