財布やバッグ

保冷バッグがなくても大丈夫!身近なもので代用する裏ワザ

目安時間 9分
  • コピーしました

※本ページはプロモーションが含まれています。

冷たく冷やしたものを冷たいまま保管しておきたい。

そんなときに便利な保冷バッグですが、その代用品として活用できるものを知っていますか?

保冷バッグは便利だけど量が多すぎて入りきらなかった、保冷バッグが破れてた、なんてときには、この代用品や保冷効果を保てる方法で冷たい状態を保ちましょう。

どれも身近なものばかりなので、保冷バッグがなくてもすぐに使うことができますよ。

簡単に代用品を作ることができるので、「保冷バッグの代わりにやってみよう」と思う方はぜひ挑戦してください。この記事では保冷バッグの代わりにできる身近なものと、代用する際の裏ワザなどを紹介しています。暑い日々、お出かけするときに便利な裏ワザや代用品を使って冷たい飲み物や食べ物を上手に保管しておきましょう。保冷バッグがなくても、この方法なら冷たいものをそのまま持ち運びできますよ。

本文はこの下にあります。

目次からご興味のある項目をタップし、そこからご覧いただくこともできます!

 

アルミホイルで保冷バッグ代わりになるものを作ってみた!その効果と注意点とは?

 

保冷バッグの代わりに、アルミホイルが使えることを知っていますか?アルミホイルは熱伝導率が高いので「熱や冷たさが伝わりやすい」という特徴があります。そのため、保冷バッグの中にはアルミシートが使われているのです。アルミホイルをホレイバッグの代用にするときは、事前に保冷しておきたいものに保冷剤を当てておくことをおすすめします。保冷したものをアルミホイルで包んでおくと、冷たさが維持されるので保冷状態を保つことができます。さらに、アルミホイルで包んだものをビニール袋に入れて密封すると、より保冷効果を持続できるのでおすすめだそうです。ここで注意したいのが、保冷バッグ代わりにするときには保冷剤を一緒にいれておく、ということです。また、アルミホイルに包んむだけではなくビニール袋に入れること、その上からタオルで包んでおくのも冷たさを保てるので良いといわれています。

 

保冷バッグの代わりに!発泡スチロールで簡単に作る方法とは?

保冷バッグの代用品としておすすめなのが、場所は取りますが活躍すること間違いない発泡スチロールです。断熱効果の高い発泡スチロールは、保冷バッグよりも多少収納力には劣りますが小容量のものであれば100円ショップでも手に入れることができます。大容量のものを探しているときには、近くのお店の生鮮食品を扱うところでもらうことも可能です。保冷剤を入れておくだけでもいいですが、先ほど同じように保冷剤で冷やしてからアルミホイルで包み、発泡スチロールに保冷剤を入れて保管しておくと長く保冷効果を期待できるそうです。発泡スチロール容器の内側側面や底部分にアルミホイルを敷いて、保冷剤と保管しておきたい食材や飲み物を入れておくのも良いといいます。お出かけするときは、飲み物など冷蔵庫に入れることができないときなどには便利な方法なのでおすすめします。

 

保冷バッグの仕組みを知ろう!熱の伝わり方と保冷効果を高めるコツとは?

保冷バッグは、『輻射熱を反射する素材の使用すること』がポイントです。保冷バッグの表面は、輻射による熱移動を防ぐ効果を利用できるアルミ素材を使用しています。アルミホイルの効果で外から放射される電磁波を反射して、バッグの中の商品に外部の熱が伝わるのを防ぐことができます。また、保冷バッグは複数の素材で構成されているのですがその中に、熱伝導率の低い発泡ポリエチレンなども含んでいるそうです。なので、先ほども書いたように外部からの熱が伝わり辛い構造になっているということです。そのほか、対流による熱の流入を防ぐためには真空状態を作ることが可能な状態を維持することが理想です。なので、保冷バッグはふたを閉じることで密封性を高くできる作りになっています。保冷バッグで冷たさを高めるコツはあるのかというと、保冷剤は1つではなく2つ、3つ入れておく、または凍らせた飲み物を入れておくのも良いでしょう。プチプチを使って保冷しておきたいものを包んでおくのも効果的です。

 

保冷バッグの代用品ランキング!段ボールや新聞紙など身近なもので作れるものは?

保冷バッグの代用品として使えるものをランキング別で紹介します。あくまで「だいたいこのくらい」という雰囲気で順位付けしているので、参考程度にしてくださいね。まず第3位は『段ボール・新聞紙』です。段ボールは波状の紙を挟んで作っているので、空気の層が出来て保冷に適した状態を維持しやすくなっています。新聞紙は紙質が保冷に適した素材が使われているため、保冷したいものに保冷剤を押しあてた状態で包むと良いでしょう。第2位はアルミホイルです。アルミホイルの保冷バッグ代わりに使う方法は先程も紹介しましたが、アルミホイルは熱伝導率が高いので冷たさが伝わりやすいのが特徴です。なので、保冷しておきたいものを冷たく保つためにはアルミホイルで包んでラップまたはビニールでさらに包む(入れる)と良いです。第1位は『プチプチこと気泡緩衝材』です。保冷剤を直接当てて保管しても大丈夫なものは、保冷材を当ててからプチプチで包むことをおすすめします。

 

保冷バッグの代用品でおすすめはコレ!100均で買える便利なアイテムは?

保冷バッグの代用品としておすすめしたいものは、発泡スチロールとプチプチ(気泡緩衝材)です。100均でも買うことができますし、使わないときは別のものに利用することもできるのがいいですよね。プチプチは何かを包んで衝撃をあまり与えないようにすることが可能です。発泡スチロールは野菜など土物を入れておくなど、直接ものを床に置きたくない場合に役立ちます。保冷剤の代用として使うのなら、スーパーなどで購入できる氷やペットボトルの飲料を凍らせたものがおすすめです。保冷バッグの代用品でおすすめされている100均の発泡スチロールのボックスはあまり大きいサイズではないので、もし大容量のものは先程も紹介したように生鮮食品のお店でもらって一度きれいに洗ってから利用すると良いかもしれません。お出かけのときにも便利ですし、自宅でちょっとした飲み物など小容量のものを保冷しておきたいときにも良いです。ただ、自宅で保冷しておきたい場合は食べ物なら早めに食べること、飲み物を入れておくときはこまめに保冷剤を凍ったものと交換しておくことが大切です。

 

まとめ

保冷バッグを持っている人も、持っていない人もこの代用品や保冷方法の裏ワザを使えば安心して持ち運びや保管をすることができますね。保冷バッグはサイズの大きなものは何気に高かったりするので、これらの裏ワザや代用品をうまく利用すればお出かけの際はもちろん、自宅で冷凍食品の保管をするときにも利用できます。もちろん、冷蔵庫よりも保冷効果を保てるものではないので「しばらく保冷効果を期待したいとき」におすすめの方法だと考えて良いでしょう。冷凍食品や頬らせた冷凍肉・冷凍魚などはきちんと冷凍庫に入れておく方が安心です。保冷バッグの代用品は、あくまで生ものや生鮮食品などではないものを保冷しておくときにおすすめだといいます。こまめに保冷剤を交換し、発泡スチロールなどの中を冷たくしておけば、いつでも冷たい飲み物を口にすることができるのがいいですよね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本ページはプロモーションを含みます。

  • コピーしました

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

最近のコメント

表示できるコメントはありません。
Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
error: Content is protected !!