イベント

横浜開港祭の花火鑑賞の混雑を回避するには?混雑予想、ホテル、時間、穴場スポット、場所、ルートについて!

目安時間 9分
  • コピーしました

横浜開港祭の花火鑑賞は、神奈川県でも大人気の花火大会です。ビームと花火のどちらも楽しめるので、夜空の美しさを堪能することができます。しかし、とても混雑するのではじめてこの会場で花火を見る人は、「どのくらいに到着しているべきなの?」「周辺駅はどこ?」「車と公共機関のどっちがいいの?」など、迷うことが多いのではないでしょうか?そこでこちらの記事では横浜開港祭の花火鑑賞を楽しみたい人に、おすすめのホテルや混雑状況といった知っておくと良いことをお伝えしていきます。「何度か行ったことあるけどきれいだし楽しかったけど、帰宅時が大変だった」という人もいるようなので、スムーズに行動できるような情報をほんの少しですが知ってもらえると嬉しいです。

記事の本文はこの下にあります。

目次からご興味のある項目をタップして、そこからご覧いただくこともできます!

 

横浜開港祭の花火鑑賞の混雑を回避するには、ホテルはおすすめ!

 

『ビームスペクタルinハーバー』というタイトルで行われる横浜開港祭花火鑑賞は、人混みがすごくて混雑が大変だといいます。2023年の横浜開港祭も人が大勢訪れることが考えられるため、できれば混雑を避けたり人混みが苦手な人は「行けないかも」と考えてしまうようです。そんな方でも安心して横浜開港祭で花火鑑賞ができる場所が『ホテル』です!おすすめは、『ヨコハマ・グランド・インターコンチネンタルホテル』だといいます。横浜でも有名なので知っている人も多いホテルが、こちらのホテルのレストランからも横浜開港祭花火鑑賞が可能だそうです。ほかにも、『横浜ベイホテル東急』は横浜港やベイブリッジを一望することができるので、花火鑑賞もしっかりと楽しむことができます。『横浜ロイヤルパークホテル』からも花火をみることができる、という口コミあるのでこちらもおすすめですよ。

 

横浜開港祭花火鑑賞の混雑予想!4年前は?

 

2023年の横浜開港祭花火鑑賞は、同時期にみなとみらい・桜木町・関内駅周辺で大きなイベントがあるそうです。なので、混雑することが予想されます。かなり混み合うだけではなく、交通規制なども行われる可能性が高いです。そのため、事前にどのくらい混雑するのか、どんなことに気を付けるべきなのかを把握しておきましょう。たとえば、トイレはどのくらい混雑するのかというと『花火が始まる前に並んでもまだ入ることができない』くらいだと考えておくと良いです。なので、道中の商業施設などのトイレを利用して極力始まる前に終わらせておくことをおすすめします。交通規制においては、歩行者が入ることができない区間もあるかもしれません。このようにかなり混雑することが考えられるので、公共機関を利用した方がスムーズに来場できる可能性が高いです。4年前は同時期に大きなイベントがあったわけではないようですが、それでも混雑があったという口コミをみつけることができました。横浜という海と夜空、そして花火という素晴らしい時間を堪能できるよう、きちんとチェックを忘れないようにしましょう。

 

横浜開港祭の花火鑑賞の混雑する時間は?

 

横浜開港祭は4年前のコロナ渦前のような混雑が考えられますが、混雑のピークはやはり花火の打ち上げ時間の前後だと予想されています。花火打ち上げは19時20分から約30分間らしいですが、会場の臨港パークやその周辺は混雑すること間違いありません。花火打ち上げ前後の混雑だけではなく、2023年はほかの大きなイベントと合わさった混雑具合だと予想されるので来場・帰宅ともに早めの行動がおすすめです。打ち上げられる前にトイレなどへ並んでも始まるまでに間に合わない、というのは先にも書きました。なので、来場は花火打ち上げ時間の1時間前には到着している方が良いそうです。公共機関の利用をおすすめしていますが、その場合は会場の最寄り駅である『みなとみらい駅』に18時ごろまでには到着することをおすすめします。スムーズに来場、帰宅ができるようにICカードにはしっかりとチャージしておきましょう。

 

横浜開港祭の花火鑑賞を回避する穴場スポットは?ルートは?

 

横浜開港祭の花火の混雑を回避したいときは、穴場スポットを利用するのもおすすめです。たとえば、『カップヌードルミュージアムの海側にある芝生エリア カップヌードルミュージアムの海側にある芝生エリア』、『ぷかりさん橋』などがあります。ほかにも、『山下埠頭』もいつもは立ち入り禁止になっていますが、花火鑑賞当日は一部が開放されることがあるので穴場スポットです。『山下公園』からでも花火をみることができますが、木があるのでみえにくい場所は避けましょう。この穴場スポットには、「カップルが多いので独り身は感情の混雑が生じる」「独り身の涙を花火と一緒に打ち上げたい」という、ちょっと悲しくなるような、思わず、ふふ、と笑ってしまうような口コミもありました。ですが、花火は場所によってはばっちりみえるそうなので穴場スポットなのは間違いないようです。ルートはみなとみらい駅を利用した場合、そこからスマホのナビを利用しましょう。そうすれば、スムーズに行くことができますよ。場所取りができるよう、早めの行動を!

 

横浜開港祭の花火鑑賞を回避する周辺駅の混雑状況、おすすめは?

 

横浜開港祭の花火は混雑をするときに重要なポイントは、周辺駅の混雑状況のチェックです。会場の最寄り駅はみなとみらい駅ですが、徒歩5分の位置に会場があります。ほかには、みなとみらい線の新高島駅からは徒歩10分、JR桜木駅から徒歩15分、市営地下駅桜木駅から徒歩15分ほどで到着します。横浜開港祭へ向かう周辺駅は混雑しているので、何度もいいますが早めに行動をすることが大切です。花火大会の当日15時頃から混雑し始めるので、屋台などを楽しみたいときにはこのくらいの時間から行動して周辺にいるような人たちも多いとのこと。ただ本格的に周辺駅が混雑し始めるのはやっぱり花火大会に近い時間帯だそうです。19時前後はすでに人でいっぱいになっているので、18時ごろには会場についているようにしましょう。一番のおすすめは最寄り駅のみなとみらい駅から15時から16時頃に会場へ到着し、そこでパレードや屋台を楽しんで花火の打ち上げ時間まで待つこと、という口コミがありました。

 

まとめ

 

横浜開港祭の花火鑑賞のすごさは、花火だけではなくビームやドローンなどを使った近未来的な花火大会だということです。花火の美しさだけではなく、ビームやドローンを使うことでより華やかで「みて良かった!」と思える時間を過ごすことができます。横浜開港祭の花火鑑賞は有料席と無料席があるようですが、すぐにいっぱいになってしまいます。なので、穴場スポットを使って人混みをさけて花火を楽しみたい人は、たとえ穴場スポットでも早めに行って花火がよりみやすい場所を確保しましょう。横浜開港祭の花火鑑賞以外にも、1日丸ごと屋台やパレードが行われるのでそれを楽しむことをおすすめします。来場時も帰宅時も、ほんの少し時間をずらすだけで混雑を避けられるので事前にチェックしてスムーズに行動できるようにするとさらに花火を楽しめますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※本ページはプロモーションを含みます。

  • コピーしました

   イベント   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: