生活

先生へのメッセージをおもしろく!ユニークな例文を紹介

目安時間 9分
  • コピーしました

※本ページはプロモーションが含まれています。

幼稚園や学校を卒業するとき、先生が別の学校へ移動になるときなど、

さまざまな理由で先生と会えなくなる時期がありますよね。

 

特に卒業シーズンになると、学校の先生への感謝メッセージなどを書いた色紙が

回って来ることがあるようです。

 

担任の先生や部活の顧問の先生など贈る相手によって内容を変える必要があるので、

きちんと考えてメッセージを書くことになります。

 

先生への感謝の気持ちをこめて書くのはもちろんですが、どうせなら面白く、

笑ってもらえるような内容にしたいと考える人もいるのではないでしょうか。

 

この記事では、先生へのメッセージの内容、どんな文章を考えたら良いのかといったことをご紹介していきます。

色紙などに書くメッセージはある程度の文字数を必要とすることが多いです。

なので、例文なども少し長くなっていますがぜひ参考にしてくださいね。

 

 

先生へのメッセージをおもしろく!ユニークな例文を紹介

 

卒業式のとき、最後のホームルームなどで先生へ色紙でメッセージを渡すことがありますよね。

そこで書く先生へのメッセージを面白いものにすると、印象に残す思い出の色紙にすることができます。

 

たとえば、「卒業する記念にサインをプレゼントします。将来大物になる予定なので大切にとっておいてください」

といったユニークなものや、「先生、大変よく頑張りました!

私たちクラス全員の成長を見守ってくれてありがとうございます。

また会いに来るので元気でいてください」といった先生を褒めながら、

卒業することがちょっと寂しいことなどを伝えるのも良いでしょう。

 

ユニークな例文を考えて、面白いメッセージを書くと楽しいですよ。

ただ、ここで大切なのは『感謝の気持ちを伝えるため』ということです。

面白さを優先するのではなく、お世話になった先生への感謝をメッセージに入れることを

忘れないようにしてくださいね。

 

 

感動と笑いが詰まった!先生へのメッセージを面白く伝えたい

 

笑えるメッセージに感動要素が加わったメッセージも、先生への言葉におすすめです。

例文として、「私たちに会えなくなると先生はきっと寂しくなると思いますが、

泣かないでくださいね!会いたくなったらいつでも会いに来てください、今までありがとうございました!」

といったものがあります。

 

これには先生が寂しくなると書いてありますが、実際は生徒であった自分たちも寂しいと伝えている、

そんな感動メッセージだそうです。

 

他には、「このメッセージカードをお家のどこかに飾ってください。そうすればきっとラッキーなことが起こりますよ!というのは冗談ですが、捨てずに大切に持っていてもらえたらとても嬉しいです」といったメッセージも良いでしょう。

 

飾ると良いことが起こるメッセージなんて、面白いですよね。

このメッセージには、感謝の気持ちと忘れないでほしいという生徒の気持ちがこもったメッセージだと思います。

 

 

幼稚園時代からの感謝を込めて先生へのメッセージを贈ろう

 

幼稚園時代の先生への感謝を込めたメッセージには、どんなものがあるのでしょうか。

 

子供たちからのメッセージと一緒に、保護者からの感謝メッセージを伝えるのも良いですね。

 

子どもたちからのメッセージは、子どもたちの好きな言葉で書かせてあげることをおすすめします。

 

「せんせい、ありがとうございました、げんきでいてね」といったものでも、先生はとても喜んでくれるでしょう。

 

保護者から幼稚園時代からの先生へ感謝の気持ちを伝えたい方に、

いくつか例文をお伝えします。

 

たとえば、〇〇先生、お世話になりました。

初めの頃は泣きながら登園していた子どもも、園で過ごすうちに多くを学んで成長しました。

園に通ううちに少しずつできることが増え、しっかりとしたおにいさん(おねえさん)になっていく姿に感動しました。

子どもが笑顔で園に通えたのは、〇〇先生があたたかく見守ってくださったおかげだと思います。本当にありがとうございました。」など、

ちょっとしたエピソートを添えつつ、感謝の気持ちを伝えるものが良いのではないでしょうか。

クスッと笑えるエピソード(子どものセリフをいれたり)成長した変化などを添えるとよりよい印象になり、

先生の心に残るメッセージとなるでしょう。

 

小学校時代の思い出を振り返りながら先生へのメッセージを贈る

小学校から中学へ進学すると、これまでとは少し違った環境に変わります。

環境の変化に戸惑ったとき、小学校時代にお世話になった先生を思い出すこともあるかもしれません。

そんなときに思い出せるよう、卒業式に合わせて小学校時代の思い出を振り返って先生へ

メッセージを贈るのも良いですね。

 

先生への感謝の気持ちを忘れずに、具体的にどんなことがあって嬉しかったのかなどを書くと

思い出を振り返りやすくなりますよ。

 

たとえば、先生から言われた言葉を書いておくのもおすすめ。

 

「努力は大切だという言葉が心に残っています。努力できる人になりたいです」といった、

記憶に残っている言葉などを書くと先生も「き気持ちは伝わっていたんだな」と嬉しくなるのではないでしょうか。

 

中学校での成長を感じながら先生へのメッセージを綴る

中学校を卒業するときに、先生への感謝メッセージを贈るときには

自分はどんなところが成長できたのかを伝えると良いでしょう。

 

例文として「中学校を卒業して、先生に会えなくなるのがとても寂しいです」と

先生やクラスメイトたちに会えなくなる寂しさを伝えるのも良いですね。

 

それから「高校の進路に悩んでいた私に先生はいつも親身になって寄り添ってくれました」と

先生にしてもらったことへの感謝を伝えると、

先生も「そうだった、この子はあのことに悩んでいたな」と思い出してくれるでしょう。

 

先生への感謝の気持ちは、先生がクラスの担任なのか部活の顧問だったのか、

それとも学科の先生だったのか、それぞれどんな先生なのかによって内容は変える必要があります。

 

どの先生に対しても、きちんと感謝の気持ちをこめた言葉を伝えれば喜んでくれますよ。

 

まとめ

 

先生への感謝の気持ちだけではなく、どんなことがあったのか、

どんな気持ちになったのかといった具体的なことも書いておくとメッセージの内容が深くなるので良いですよね。

 

色紙に書く場合は、数人で書くことになるので少し短文を考えなければいけません。

 

そんな場合は、下書きをしてどの文章を書くのかを選択すると良いでしょう。

 

また、色紙などを飾ったりイラストを加えるなど華やかな雰囲気にしておくのもおすすめ!

 

幼稚園や小学校の先生へ渡すメッセージカードなら、子どもたちの自由にイラストを描いてもらうなども良いですよね。

 

先生へのメッセージはとにかく『感謝を伝えたい』という気持ちがこもっていれば、

ある程度言葉遣いが崩れていても先生は喜んでくれるのではないかと思います。

 

大切な思い出になるものなので、いろいろと考えて工夫をしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

※本ページはプロモーションを含みます。

  • コピーしました

   生活   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 
Copy Protected by Tech Tips's CopyProtect Wordpress Blogs.
error: Content is protected !!