電化製品

アマゾンEchoShow5と8と10の比較!!評判や口コミ、使い方は?設定はどうする?メリットやデメリット、値段は?安く買える?

目安時間 10分
  • コピーしました

 

 

アマゾンEchoShow5は、アレクサの分身のようなものです。便利な機能がたくさんあるので、手が汚れていても急いでいても、毎日のルーティーンのためにセットしておくこともできます。好きな時に好きな音楽を聴いて、動画を観て笑って料理のレシピを検索するなど、猫の手も借りたいときにスピーディーなサポートをしてくれるのが特徴です。そんなアマゾンEchoShow5は、上位に8や10があるそうです。それらとアマゾンEchoShow5の違いには、いったいどんなものがあるのでしょうか?また、実際に利用した人からは評価や口コミでどんな風に言われているのか気になりますよね?ここではアマゾンEchoShow5の機能や設定、使い方など「興味はあるけど分からないことばかり」といった人でも分かるように説明しています。あって良かった!のメリットやデメリットなどもお伝えするので、ぜひ読んでください。

記事の本文はこの下にあります。

目次からご興味のある項目をタップして、そこからご覧いただくこともできます!

 

アマゾンEchoShow5と8と10の比較!!

アマゾンから販売されているモニター付きのスマートディスプレイ「EchoShow」ですが、現在までに5、8、10が販売されています。ビデオ通話・音楽再生・動画再生などさまざまな情報をスクリーンに表示することができます。そんなアマゾンEchoShowは、5と8と10にどのような違いがあるのでしょうか?3つのEchoShowを比較するときは、ディズプレイサイズ・スピーカーサイズ・カメラ性能をチェックしなければいけません。ディズプレイサイズで比較すると、ベッドサイドや机に置きたいという人には「5」がコンパクトがおすすめです。WXGAの1280x800という自動色彩調整機能を搭載しているので、キレイな映像を楽しみたい人には「8」と「10」が人気ですよ。また、HDタッチディスプレイを搭載しているのも特徴です。「いい音で音楽を楽しみたい!」と考えている人には、3.0インチウーファーと1インチツイーターを搭載している「10」がおすすめ!カメラ性能なら「8」と「10」など、それぞれの特徴を押さえておくと選びやすくなります。

 

アマゾンEchoShow5の評判や口コミ

アマゾンEchoShow5を実際に利用した人からの、評判や口コミを調べてみると満足しているものが多いように感じました。「コンパクトなので邪魔になりにくいのが良かった」「スマホと繫げてペットの見守りカメラとして活躍している」といった人もいるようで、いろいろな使い方をしていることが分かります。カメラのすぐ上にはカメラカバーがあるのですが、「物理的にカメラの画面を防げるのは安心感がある」という声もありました。便利機能が多いので「〇〇って何?」と質問すると答えをくれますし、普段はデジタルフォトフレームとして活躍しているといった声もいくつかあって、本来のアマゾンEchoShow5の機能とスマホとつなげることで可能になる機能などをうまく使い分けている人が多いようですね。8や10よりも機能は比較的少ないアマゾンEchoShow5ですが、カメラ性能に優れているのでそこを重要視したい人にはぴったりのアイテムだといえます。口コミも良し、評価も高いので安心して購入できます!

 

アマゾンEchoShow5の使い方や設定はどうする?

まず、届いたときは「本体・ACアダプター・簡単な取扱説明書」が付属しています。箱にはMACアドレスがシールで貼られているので、箱は保管しておきましょう。アマゾンEchoShow5は単体で設定することが可能なので、スピーディーに設置することができるのがいいです。はじめに、「アマゾンのアカウントのメールアドレスとパスワード」と「Wi-FiルーターのSSIDとパスワード」をメモしておくと便利です。Wi-FiルーターのMACアドレスフィルタリングをオフにしたら、EchoShow5の方からWi-FiルーターのSSIDのIDとパスワードを入れて接続します。次にアマゾンアカウントのメールアドレスとパスワードを入れて認証し、再起動でアップデートされるのを待ちます。再起動したら、紹介動画を視聴できればもう使えるようになっていますよ!次はWi-FiルーターのMACアドレスフィルタリングをオンにしたら設定からネットワークへいき、「+追加」というのがあるのでSSIDからもう一度固定IPアドレスになるように設定して確認しましょう。Wi-Fiに接続してアマゾンのアカウントにログイン、登録が完了です。ニュースを見たり、歌を流したり、アマゾンで商品を見ながら購入したりとさまざまな場面で役立ってくれます。

 

アマゾンEchoShow5のメリットやデメリット

アマゾンEchoShow5を利用するメリットはたくさんありますが、「料理中に手が汚れていてもタイマーセットができる」といった声が主婦の方からは多かったです。また、「ちょうどいいサイズで置き場所に困らない」「実家とテレビ通話をするのにすごく便利で良い」という人もいました。メリットのうち、サイズ感のことや忙しいときの煩わしさを解決してくれる点が多く評価されているように感じました。デメリットとしては、「プライムビデオの音声調整がストレス」といった声が多かったです。有名なタイトルのものはすぐに反応してくれるが、あまり知られていないものだとまったく反応してくれなかったりするのがイライラする、という人が多いようです。また、「音量が大きくて夜中だと困る」との声もよくありました。今のところアレクサの声だけを下げる方法はないので、夜中にベッドで観ながらゆっくりというのはちょっと難しいかもしれませんね。

 

アマゾンEchoShow5の値段は?安く買える?

アマゾンEchoShow5の定価は8,980円だといいます。アマゾンEchoのセールはほぼ毎月開催されていますが、不定期なのでこまめにチェックする必要があります。割引率が最大となるのは、7月に行われるプライムデーと12月のサイバーマンデーセールです。初売りなどでも安く買えるのでお得になるそうです。また、ブラックフライデーやタイムセール祭りなどもチェックしておくと、半額近くで購入できる可能性があるといいます。たとえば、2022年11月のタイムセール祭りではアマゾンEchoShow5が定価8,980円から4,000円オフの4,980円という安さで販売されていました!2022年の7月プライムデーでは、なんと5,000円オフの3,980円でアマゾンEchoShow5を購入できた人がいます。アマゾンEchoShow5は比較的置き場所に困らない、という点からか人気が高く、完売してしまうことも多いのでセール時期は早めにチェックしておくと良いでしょう。また、アマゾンのクーポンなどを上手に使うとさらに安く買うことができますよ!

 

まとめ

「アナログ派だから便利なものでも使い方が分かりにくいものはちょっと…」という人、結構いますよね。アマゾンEchoShow5はシンプルかつ設定方法も説明書通りにすれば簡単にできるものなので、機械が苦手、といってなかなか手を出せない人にもおすすめです。アマゾンEchoShow5は置き場所もちょっとあればいいですし、キッチンや寝室、勉強をしている机などの片隅に置いておけば、リラックスしながらやるべきことを進めることができますよ。音声だけで反応してくれる機能もあるので、忙しいときには「〇〇って何?」などの声かけで教えてもらうことも可能です。ビデオ通話などもできますし、スマホとつなげばお子さまやペットの見守りカメラにも変身します!便利で自分の使い方次第でいくつもの顔を持つアマゾンEchoShow5は、アマゾンのセール時にお得な料金で手に入れることができるのでおすすめです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コピーしました

   電化製品   0

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: 

最近のコメント

表示できるコメントはありません。