ファッション

シャネルのフラップバッグの使い心地は?口コミ・レビュー・評判は?マトラッセとの違い、人気のサイズ、キャビアスキンとラムスキンの違いは?昔は安かったのに値上がりした理由は?

目安時間 9分
  • コピーしました

 

人気のハイブランド『シャネル』にはたくさんのアイテムがありますが、特にバッグは若者にも人気が高い商品です。フラップバッグは、サイズも種類があるので、自分好みのものを見つけやすいのが特徴です。また、使い心地などもたくさんの人の口コミ、レビューなどを確認できるのでどんな感じなのかを事前に考えて選ぶことができます。フラップバッグと似てマトラッセのこと、バッグの容量などについても知っておくと安心して購入することができるので、フラップバッグを買おうか迷っている方、興味がある方はぜひこの記事を読んでいってください。シャネルの人気アイテム『フラップバッグ』は、年齢に関係なくどんなときでも持ち歩けるデザインなので、定番アイテムとしても有名ですよね。フラップバッグに使われている素材のこと、その違いなどについても紹介しています。

 

 

記事の本文はこの下にあります。

目次からご興味のある項目をタップして、そこからご覧いただくこともできます!

 

シャネルのフラップバッグの使い心地は?口コミ・レビュー・評判は?

シャネルのフラップバッグは、「一生モノ」と言われるほど持っておくと良いハイブランドのアイテムだという声が多いです。ミニフラップバッグはサイズや持ちやすさなども良い、という口コミがたくさんあります。「さりげなく使えるハイブランド」「定番のフラップバッグがやっぱり一番いい」という購入者のレビューも見つけられるので、やはりシャネルのなかでも人気のアイテムだと言って良いでしょう。評判は高く、カラーも人気色が揃っていることから「シャネルをはじめて持つのならフラップバッグがおすすめ」との声もあるようです。シャネルファンは必ずひとつは持っているフラップバッグ、チェーン部分のデザインも大人っぽいのが人気の理由だといいます。フラップバッグは荷物をたくさん入れるようなバッグではありませんが、お洒落を楽しみたいときにはぴったりのアイテムです。

 

シャネルのフラップバッグとマトラッセの違いは?

シャネルにはたくさんのバッグがありますが、その中でも「似ている」という声が多いのがフラップバッグとマトラッセです。

 

このふたつの違いはいったい何なのか、と調べてみると見つけることができました。たとえば、マトラッセはシャネルのバッグでも定番といわれるクラシックバッグで「二重蓋(ダブルフラップ)」になっているのが特徴です。

 

これはクラシックバッグシリーズでは当たり前のことなのですが、フラップバッグは蓋がひとつなんです。なので、クラシックバッグよりも荷物が入る!という口コミを見かけることができます。それ以外はほとんど同じでサイズ感も似ています。

 

定番のマトラッセの約半分の価格で購入できるほか、フラップバッグはシーズン商品なので中古品としても人気があるので、もし手放すことになっても高めの査定額で買い取ってもらえる可能性が高いということです。

 

シャネルのフラップバッグ、人気のサイズは?

シャネルの定番であるマトラッセにもサイズがいくつかあるように、フラップバッグもいくつか大きさを選べるそうです。たとえば、クラシックシリーズといわれるマトラッセはサイズが4種類もあるのですが、シャネルのマトラッセという言葉で想像するのは『横22.5』のサイズが多いといいます。このマトラッセに見た目もサイズも似ているのが『フラップバッグ』です。しかも、バッグの容量はマトラッセの定番である22.5とほぼ同じです。むしろ二重蓋(ダブルフラップ)なので、それが邪魔になって荷物があまり入らないとの口コミもありました。フラップバッグのサイズは、2019年の情報になりますが5つほどあるようなのでそちらもチェックしてみてくださいね。2023年になれば、また新しいバッグを紹介してくれるかもしれません。シャネルファンの方は、お洒落好きやハイブランドに詳しい方のSNSなども要チェックですよ。

 

シャネルのフラップバッグ、キャビアスキンとラムスキンの違いは?

シャネルのバッグを思い浮かべると、一番初めに想像するのはラムスキンのバッグではないでしょうか。ラムスキンとは、生後1年未満の仔羊の皮を鞣した革のことを指します。生後1年未満の仔羊の皮は希少価値が高く、最高級品とされています。その特徴は毛穴が小さくキメの細かい綺麗な肌であること、しなやかなで柔らかい質感を持っていることです。キャビアスキンとは、牛革につぶつぶとした模様の型押しをしたものを指すそうです。キャビアスキンの正式名称は「グレインドカーフスキン」、つぶつぶとした見た目がキャビアに似ているから通称でキャビアスキンと呼ばれているのだといいます。キャビアスキンは質感が固めで傷がつきにくいのですが、ラムスキンはラムスキンはとても繊細です。チェーンをバッグの上に置いて保管していると押跡がついてしまうこともありますし、少しでも爪を立ててしまうと傷がつきやすいそうです。また、他の素材とくらべて型崩れもしやすい素材なので、保管や取り扱いには十分に注意が必要です。どちらが良いのかとは一概にいえませんが、おすすめは新品ならキャビアスキン、中古ならラムスキンという声がありました。

 

シャネル 昔は安かったのになぜ値上がりしたのか?

シャネルはもともとハイブランドというイメージがありますが、昔は現在よりも手に入れやすい価格だったといいます。では、なぜこんなにも高額になってしまったのでしょうか?その理由は、『生産コストの上昇・原材料価格の上昇・為替レートの変動』だということです。「アイテムが長持ちできる上質なレザーを確保するための努力をしている、また顧客が期待する水準維持のために価格を上げていくことも必要不可欠」という言葉もありました。ここ数年でシャネルは何度か価格改定をしていますが、2021年には2月、7月、9月、11月と4度もの値上げをアメリカからヨーロッパにかけて、そして順に各国で行っているようです。これは、どこか一か所の国で買うとシャネルは安く買える、といったことを避けるために行われたことです。転売などを防ぐためにも、どこで買ってもほぼ同じ価格になるように年に4度の値上げで価格を統一していくようにしたとのこと。実は、値段を高く設定するほど売れ行きが上がる「ヴェブレン効果」という心理現象があるのだそうで、シャネルはそういったことも考えて値上げをしているのかもしれませんね。

 

まとめ

シャネルのフラップバッグについて紹介しましたが、長い歴史のあるブランドなのでここでは紹介しきれないことがたくさんあります。興味がある方は、よければシャネルの歴史から調べてみてくださいね。なぜこんなにシャネルが人気なのか、デザインについて、ファンにはどんな人物がいるのかなど、調べてみると知らなかったことがたくさんあることがわかりますよ。フラップバッグのサイズはマトラッセの22.5と同じくらいなので、もしフラップバッグはないけどマトラッセは持ってるという人は「だいたいこれくらい」と考えて良いでしょう。人気の商品なのため、海外では中古品でもなかなか手に入らないそうです。愛用し続けたいバッグやはじめてのブランド品としても、シャネルのフラップバッグは使いやすく持ちやすいので、おすすめです。もし気になる人は、一度レンタルなどをしてみるのも良いかもしれませんね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  • コピーしました

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: