生き物

デカチワワ体重がすごい ! デカチワワの特徴や大きさ・子犬時代の見分け方や寿命について

目安時間 7分
  • コピーしました

デカチワワ 体重がすごくてびっくり!チワワの平均体重は?

デカチワワという犬種はないので、基本的には純血種のチワワのことです。 一般的なチワワの体の大きさは、1.5㎏から3㎏ぐらいなので、 4㎏以上の場合はデカチワワの分類に入ります。 チワワも5㎏を超える場合があるので、6㎏から8㎏前後の体重の場合は、 デカチワワと言えるでしょう。 チワワは超小型犬のイメージがありますが、 デカチワワは小型犬から中型犬ぐらいの大きさに成長します。 育った環境や給餌の方法などで体の大きさが変わる場合があります。 チワワは体が小さいので、デカチワワを見た経験のない場合は、 体が大きいので驚くことがあります。 チワワ特有の美しい被毛や大きな瞳などは変わらないので、 体が大きくてもとても愛らしいです。

デカチワワの特徴 なぜこんなに大きいのか?

デカチワワは一般的なチワワとは違って、体が大きいので4㎏から8㎏ぐらいの大きさがあります。 チワワは超小型犬なので、なぜこんなに大きいのか疑問を感じることが多いです 体が大きくなるのには、1つは遺伝的な要因があります。 両親の犬が体が大きい場合は、子犬も体が大きくなる可能性があります。 遺伝的な要因もありますが、生活環境や食生活などが原因で体が大きくなる場合があります。 食欲旺盛でドッグフードを良く食べたり、室内飼育の時間が多くなってしまい、 運動不足などの場合は肥満気味になるケースが多いです。 運動不足を解消するためには、定期的に散歩に連れていってあげたり、 おもちゃなどを使って運動をさせることが大事です。

デカチワワの子犬時代の体重は?

デカチワワは基本的には、純血種のチワワなので子犬時代の体重は、一般的なチワワとは変わらないことが多いです。 食欲が旺盛でドッグフードをよく食べる、胃腸が丈夫で下痢や軟便などが少ない場合は、 栄養の吸収が良いので生後3か月以上を過ぎると体重が増加することがあります。 生後半年ぐらいから体重が2㎏を超えている場合は、体が大きくなる可能性が高いです。 肥満気味の犬は、糖尿病などの生活習慣病に罹りやすくなるので、 低カロリーで栄養バランスの良いドッグフードを与えてあげる必要があります。 子犬時代の成長期を過ぎたら、ダイエットに配慮をしたドッグフードを選んであげることで、 健康を保つことが出来ます。

子犬時代にデカチワワになる見分け方はある?

基本的にはデカチワワという犬種はないので、純血種のチワワとしてペットショップで販売されています。 生後1か月から2か月ぐらいの場合は、大きさはほとんど変わらないので見分け方はありません。 両親に当たる犬の体型や体重がわかる場合は、成長時の体の大きさが予測は出来るので、ペットショップの店員に聞いてみると良いでしょう。 狭い部屋で生活をしていたり、ドッグフードなどの食費を抑えたいため等に 体の小さいチワワを購入したい場合は、 これらのことを事前に確認をしておくと良いでしょう。 遺伝的な要因だけでなく、後天的な要因もあるのでドッグフードの与えすぎは避ける必要があります。 もしご希望通りにいかなかったとしても、一度飼うと決めた以上、 責任とたっぷりの愛情をもって接してあげてくださいね。 誰しも、自分の容姿は選べません。犬も同じです。

デカチワワの寿命は?

  チワワの平均寿命は12年から20年ぐらいですが、 元々の体質や食生活によっても多少は変わってきます。 一般的なチワワは超小型犬なので、体が弱い傾向がありますが、 デカチワワは体が大きいので、体力があり健康で長生きすることが多いです。 肥満気味だと生活習慣病に罹りやすくなるので、散歩などの適度な運動をさせたり、 低カロリーで栄養価の高いドッグフードを与えることが大切です。 定期的に動物病院で血液検査や尿検査を受けることで、 病気を早期発見して治療を始めることが出来ます。 健康で長生きをさせてあげるためには、日頃から健康管理をきちんと行うことが大切です。 体が大きく健康なデカチワワの場合は、15年以上長生きすることがあるそうです!  

まとめ

デカチワワは純血種なので、デカチワワという犬種はありません。 遺伝的な要因、食生活や運動不足などの後天的な要因が原因で、体が大きくなることがあります。 一般的なチワワは1.5㎏から3㎏前後なので、超小型犬に分類されています。 デカチワワは何らかの要因で、体が大きく成長し、体重が4㎏から8㎏前後になった状態です。 基本的には美しい被毛、大きな瞳などのチワワの愛らしさを感じることが出来ます。 一般的な小さいチワワは鼻が低い傾向がありますが、 大きくなるチワワは少し鼻が高い傾向があると言われています。 子犬の時期は体重には大きな違いはないので、見分ける方法はありませんが、 両親の体型を見ることである程度は予測が出来ます。 デカチワワは体が大きいので、肥満気味の場合は食生活を改善したり、運動をさせることも大事です。 定期的に動物病院で検診を受けたり、精密検査をすることで病気を早期発見、 治療をすることが出来ます。 持病があっても治療を受けていたり、元々健康な犬の場合は15年以上長生き出来るそうです。 一般的なチワワの寿命は12年から20年ぐらいなので、 チワワとデカチワワの寿命は同じぐらいだそうです。
  • コピーしました

   生き物   0

この記事に関連する記事一覧

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

トラックバックURL: